顔まわりの色でこんなに見え方は変わります

最終更新: 4月9日



得意な色、苦手な色、いろんな色を合わせて比べてみたのですが… 肌の色だけでなく、顔の印象もかなり違う感じになってるのわかりますか?


左/パープル:顔立ちはっきり、血色もいい

右/パープル:色白になりたいならこれ

左/グリーン:肌色とグリーンがちぐはぐで血色も緑っぽい

右/オレンジ:どんより疲れた印象でくまが目立つ


くすんだオレンジが

似合わないのはもう明らかですよね


でもこれも、こうやって並べて見るからわかりやすいですが、一枚ずつお店で合わせて見てたら…

もしかしたら、そんなには気にならないかも?

だから

一気に何枚もどばーっと見比べることで


パラパラ漫画みたいになって違いが一目瞭然!




なぜ似合わないのか?の理由が大事


最初は全く”どの色がどう見える”とかわからなかったお客様も、最後には

「ほんとにくすんだ色はぜんぜんだめでしたね笑」

とか

「明るい色の時、肌の色がぜんぜん違う!」

とか、なんとなくでも見分けられるようになります



「なぜ似合わないのか?」



この理由がきちんとわかることで、安心して今まで手に取ることのなかった「似合う色」を

選ぶことができると思います。



一度「似合う・似合わない」を“実感”すると、無難だと思っていた色もこわくて手を出せない!くらいの衝撃がありますよ


※実感できるまで細かーく説明もします (いつものどカラカラです^^)





ちなみにわたしの場合


わたしの得意な色は ブルーベース

濃くてはっきりした暗めの色 or ほとんど白くらいの明るい色

パキッと鮮やかな色 ブルベの色を持ってくると肌の黄ぐすみがすっきりしてトーンアップ はっきりした色を顔まわりに持ってくると、この割と濃い顔立ちがよりキリッとして活きる感じがしませんか?

逆にイエベの色になると顔色がくすんで変な肌色に さらに「くすんだ色」は肌がどんよりしたり、「淡いパステルカラー」は顔がぼんやりのっぺりして見えてしまいます (くすんだグリーンはほんとだめですね…) オレンジはぱっと見悪くないのですが、少し肌色が濃くなりすぎて野暮ったくなりがちです

でも、この違いを知らなかったら「今年のトレンドなんですよ〜」って言われたら、全然買ってしまう可能性あります そしてしっくり来なくて結局着なくなったりするんですよね

ほんと知らないって怖い!





髪を巻いたりまとめ髪のご提案もします


「全方位美人クリエイター」と名乗っているだけに似合う色を選んで終わり、

なんてことはありません


メイクも眉からリップまでフルメイク

(肌は下地+ベビーパウダーでちょっと押さえるだけ)

髪はコテやカーラーで巻いたり

ロングヘアの方は髪をまとめる時のコツもお伝えします

(実際に簡単なヘアアレンジもします)


その上で似合う色とアクセサリーを合わせて完成!

ここまでくると別人級に変化する方も!



人生において、ガラッと価値観の変わる1日になるかもしれません

ぜひ、あなたが本来持っている「キレイ」を再発見してみてくださいね




“実感できる”パーソナルカラー診断では


グラデーションカラースケールを使用していますので、知識のない方でも顔色や血色の変化を実感していただけます。

また、120色のカラードレープから最もあなたに似合う「ベストオブベストカラー」をお選びしていますので、成人式や結婚式など“一生に一度の勝負服”を選ぶ前にもおすすめ!


ご予約をお待ちしております。





#パーソナルカラー診断 #グラデーションカラースケール

69回の閲覧
ロゴ.jpg

Home | Customer's Voice | Movie | Flow | Service | Contact | Blog | Reservation

© 2019 by miki miyanaga